香西釣具店
プロフィール

香西釣具店

Author:香西釣具店
FC2ブログへようこそ!



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014.02.09
フィッシングショーOSAKA



業界の恒例行事、

フィッシングショーOSAKA。


DSC_0094_convert_20140209214035.jpg


各メーカーが満を持して

発表する製品を手に取れる

貴重な機会。




気になったアイテム、

ブランドを軽くではありますが

ご紹介させていただきます。





DSC_0123_convert_20140209215139.jpg


Zeal optics

偏光グラスの定番ブランドですが

今シーズンもクールな新作。

軽さ、かけ心地に磨きが

かかったモデルをラインナップ。









DSC_0125_convert_20140209215234.jpg



フィッシングショーならではの

面白い一角を発見。

カスタムパーツメーカーを

一同に集結。

近年は機能、ルックス両面から

あらゆるカスタムが可能になっているだけに

見逃せないジャンル。




DSC_0124_convert_20140209215205.jpg


その中で見かけた

ZPI社のオリジナルリール。

ベースは名作シマノ社の

『メタニウム』

老舗カスタムメーカーが

手がければどう進化するのか、

興味をそそられる。











DSC_0098_convert_20140209214218.jpg


あのヤマガブランクスがついに

バスロッドを発表。

SWでは定評のあるブランクスメーカー

だけにバスユーザーにどう評価されるのか、

非常に面白い意欲作。














DSC_0122_convert_20140209215108.jpg



続いて今年も新作

目白押しのシマノ。

ヒット作ポイズンシリーズに

ハイエンドクラスの

『ポイズンアルティマ』

がラインナップ。








DSC_0120_convert_20140209215008.jpg


オシアジガーリミテッド。

スロー系ジギング向きの

エッセンスを加えた

もう一つのジガー。

限定少量生産とのこと・・・








DSC_0118_convert_20140209214940.jpg


バス用ベイトリールの新作

『クロナークCI4+』


185gの軽量サイズでありながら

16lb-100mのラインキャパシティ。

価格も2万円台販売となりそうで

オールラウンダー系の新機軸として

期待大の一品。










DSC_0117_convert_20140209214914.jpg


10年の時を経て

モデルチェンジとなる

『カルカッタコンクエスト』。


元々高い完成度を誇る名作に

最新技術を投入した

新たなフラッグシップ。

依然として根強い人気の

丸型リール。

やはりどう見てもカッコイイ。

それに尽きる。










DSC_0112_convert_20140209214800.jpg


DSC_0114_convert_20140209214846.jpg



そして『ステラ』。


今回は4年ぶりのモデルチェンジ

となりファン待望のお披露目。


スピニング初となる

マイクロモジュールの採用で

更にリーリング感が向上。



極上の巻き感を体感できる

一品に仕上がっている。


指名買い率ナンバーワンの

名作、信頼も超一級。















DSC_0099_convert_20140209214243.jpg



続いてメガバスブースに。


メガバスファンに未だに

評価の高い

『エボルジオン』

シリーズが展示。


一時代を築いた名竿が蘇る。











DSC_0095_convert_20140209214104.jpg


アピアブース。





DSC_0097_convert_20140209214130.jpg



FOOJIN RやFOOJIN Z。

新作ロッドももちろん

このような挑戦も。


今期も何かを期待させる

ブランド。














DSC_0109_convert_20140209214729.jpg


グローブライド。

毎春先行販売となる

ハートランドの新作。


コアなファンを魅了する

トンがったラインナップは健在。








バスのベイトリールも

新作が続々と。



DSC_0108_convert_20140209214701.jpg


『SS SV』

往年の名機TD-Zを彷彿と

させる深溝スタンダードモデル。





DSC_0107_convert_20140209214635.jpg


『STEEZ LTD SV』

耐久性も兼備したカスタム。

打ちモノには最適の8.1ギア。

AGフィニッシュの外観も

クールに仕上がる。



DSC_0106_convert_20140209214612.jpg


さらに同シリーズには

『TN』バージョンも。

御存知並木敏成プロの

こだわりが詰まった

まさにLTDモデル。


あらゆるスタイルに

対応可能な6.3ギアセッティング。


148gの驚異的な軽量は

スティーズの最終進化形と言える。









DSC_0104_convert_20140209214507.jpg


昨シーズン話題をさらった

T3-AIRをマイルドに再現した


『SS AIR』


万人に使いやすい

セッティングと価格。

こちらもSSシリーズの

スタンダードモデルとして

活躍は間違い無い。











DSC_0105_convert_20140209214546.jpg


そして『タトゥーラ』。


Tウイングの特徴である

ラインの放出の良さを

生かしてあらゆる釣りに

試して頂きたい。


バスならパンチングやフロッグゲーム。

SWのタイラバやロックフィッシュゲーム。


タフで精度の高いゲームが展開可能。











DSC_0103_convert_20140209214441.jpg


『イグニス タイプR』

ファインなフロロを駆使した

フィネスなバスフィッシングを

極めるUTDを採用。

トーナメンターはもちろん

フィネススタイルの

ショアアングラーにも最適。


またSW対応という副産物を

アジメバルといったライトゲームに

生かすのも良策。






















DSC_0129_convert_20140209215326.jpg


エバーグリーン ブース。

相変わらず人気の高い

DESIGNOシリーズに...










DSC_0128_convert_20140209215259.jpg


昨シーズンリリースとなった

フラッグシップモデル

『インスピラーレ』。




今シーズンも新モデルが

続々とリリース予定。













DSC_0131_convert_20140209215419.jpg

福島健プロの新ブランド

『FACT』。

詳細は明らかになっていないが

今シーズン本格稼動。










DSC_0130_convert_20140209215353.jpg


エバーグリーン社においては

初となる2ピースバスロッド。


エンドユーザーファンの多い

ブランドの手がける2ピース。


ある意味一番楽しみな一品。














DSC_0133_convert_20140209215448.jpg


SWでは名作

『スキッドロウインペリアル』

がモデルチェンジ。








DSC_0134_convert_20140209215535.jpg


こちらも部分的にモデルチェンジ

が進むポセイドンシリーズ。

PHPJ系が数種類変更となり

さらに戦略が広がった。










DSC_0135_convert_20140209215610.jpg

昨年のショーでも話題となった

『オケアノス』。


今シーズンのリリースはあるのか。











キリが無くなってきたところで

この辺で・・・。



シーズン柄タックルの紹介が多かったが

ルアー、グッズまで各メーカー

今シーズンに向けた面白いアイテムが

群雄割拠の様相。






弊社におきましてもお客様の

お求めになる釣具は当然ながら


遊びのある、面白い釣具もご提案

させていただければと思っております。



2014シーズンもご期待ご来店のほど

どうぞよろしくお願いいたします。


香西

スポンサーサイト

2014.01.31
玄界灘



久しぶりに玄界灘に。

ターゲットは大型のクロマグロ。

今シーズンは状況としては

厳しい状態が続いており

今回もワンチャンスあれば・・・

と言ったところ。

それでも行かないことには

始まらない釣りでもある。








DSC_0082_convert_20140201135218.jpg


今回お世話になるのは

福岡 『オクトパス』

新艇になりさらに釣りやすさ

快適さが向上。

実績はもちろんアクセスの良さも

最高レベルです。








DSC_0074_convert_20140201134908.jpg


出発から二時間。

広いキャビンでぐっすりと

眠っているうちに

七里に到着。









DSC_0075_convert_20140201134940.jpg

この時期の主なパターン

イカナブラ。


できることは

『待つ』こと。


ルアー釣りにおいては表層に

見えてくれないことには

マグロ攻略の糸口は見えない。


しかし・・・


現実はもちろん甘くない。


潮止まりまでジギングで遊ぶ。



この時期の七里には

いいコンディションのブリが

多く入るためおみやげ作りには

困らない。



二流し目あたりから

いきなりのヒット。






1390998974354_convert_20140201134841.jpg


瀬戸内ではやることのない

ドテラ流しでのジギング。


それなりに締めていたはずの

ドラグが結構な勢いで出る。







DSC_0086_convert_20140201135341.jpg


帰港後の画像しか無く

いきなり夜になり恐縮ですが・・・


グッドサイズのブリ14kg。


ジグはこちらでは定番の

ガタージグ170g R。



こういうジギングも

新鮮で色々と試すいい機会。








DSC_0077_convert_20140201135034.jpg






同行のN川さんも重量感のある

ヒットが。

ブリとは違う引き方なのがわかる。






DSC_0078_convert_20140201135101.jpg


9kgのヨコワ。とは言え

マグロはマグロ。

食味は絶品で最高のおみやげに。

羨ましい気持ちを抑えながら・・・










DSC_0080_convert_20140201135154.jpg


本命の親玉マグロの

出現をひたすら待つ。


他ごとにうつつを抜かすと

ワンチャンスを逃す

結果になりかねない。


いつ訪れるとも知れない

その時を待ち続け・・・












DSC_0083_convert_20140201135246.jpg

マグロが姿を見せることは

今日は無かった。

穏やかな七里の水面を

眺めながらのストップフィッシング。



獲るどころか投げることすら

許さない手強い相手。

そこに価値がある。


釣るだけが釣りではない。


厳しく楽しい玄界灘釣行。


また次回です。


香西












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。